すべてのものには、色がある。たとえば、そのものになにも手を加えなければ、そのものの色、たとえば白ということになる。
色というのは、複数の色を合わせると、色が混ざって違う色になる。人間には、「原色」という概念がある。赤、青、緑。この3つの色から、他の色がつくられるという考え方だ。これらの色を混ぜていく。もちろん、配分が同じであれば同じ色になるんだけど、たとえば小学校でやる図画工作のレベルでは、一度できた色をもう一度つくることはほぼ不可能と言っていい。そして、子供が面白がってどんどんいろんな色を混ぜていくと、悲しいことに、だいたい黒になる。それを経験するうちに黒にならないようにん工夫するんだけど、結構な確率で黒になる。そうすると、人によっては、あまり多くの色を混ぜなくなる。下手したら、色を混ぜなくなり、そのまま使う人も出てくる。
スポンサーサイト

講義

ゼミではないんですが、ゼミに近いような形式の講義がありまして、後期に同じ先生の、別の、大人数が聴くような形式の講義を取ったのです。すると、そちらの講義では、自分の性格について結構色々と話されるんです。それを聞いていると、結構面白い人なんだなと思いまして。大学の講義とは基本的にそんなにおもしろくないと思っていたものだから、まあ困らないようにしとけばいいかぐらいだったのですが、その講義に関してはスタンスが変わりました。
なんでなのでしょうか。ヒトは、他人のことについて少し知ると、その人に何らかの関心をもつんですかね。もちろんいつもではないと思うのですが。

ヤマ

 前回書いた、親戚の人が、合併症を起こし「ここ一週間がヤマですよ」と言われたほど悪かったらしく、僕も慌てて何かの時のために礼服を買いに走ったのであるが、それは乗り越えたみたいで、ひとまず礼服が無駄になってよかったと喜んでいるところである。今回は杞憂に終わってよかったと思うが、やはり人の終わりというのは本当にわからないと、ひしひしと感じた。ここ5日はレポートで忙しかったが、それも今日で一息ついたので、明日からその人が貸してくれた本でも読めればと。

久しく。

一昨日、読書ブログの方を更新したので、今日はこちらを。
昨日は、朝から免許の更新に行ったのち、その後矯正歯科へ行き、それが終わると電車に乗って1限のみある学校の授業に行くという、予定はあるが中身は暇という忙しいのか忙しくないのかよくわからない1日だった。
最近会った親戚が結核になり、隔離対象になるかなとのんきなことを思っていたのだが、感染しないタイプのものとのこと。それどころかかなり症状がひどいみたいで悠長なことは言ってられないらしい。

お知らせ

実はもう一つブログを開いており、主にそちらはいわゆる「ぶっちゃける」用だったのであるが、久しぶりに過去の記事を読み返してみたところ、あまりにぶっちゃけすぎており鳥肌が立ち戦慄が走ったので、大方の記事を非公開として新しく読書日記として再出発させることにした。というわけで、ここに読書メーターの垢と共にそのURLを貼らせていただくことにする。

ブルーのサングラスを付け替える旅

読書メーター

こちらは漫画垢

それにしても、2年前の自分の文章は寒気がするほど愚痴しか書いていおらず、もうちょっと建前を考えるべきほどであった。それだけまだ幼かったということにしておこう。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
プロフィール

Yonnpou

Author:Yonnpou
知ってる人は知ってるでしょう。しばらくは最近あったことを書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR